離型剤を使えば型から剥がしやすくメヤニも防止することができます

工場

細長くて作るのが難しいゴムチューブも離型剤を使えば綺麗に成型可能

ドリル

チューブの素材としては、ゴムが良く使われます。チューブの用途に照らして、柔軟で密閉性が高く、加工が容易なゴムという素材がピッタリなのです。ただ、素材がこのような性質を備えているだけでは、チューブとして実用に耐える製品を作れるわけではありません。チューブの用途に適した細長い形状、かつ、内部に更に細長い同じ径を保った空間を作る技術が必要です。
ゴムチューブを製造する過程で、このような形状を作ることを可能にしているのは、金型ならびに、製造過程で生じるメヤニを防止する離型剤です。ゴムチューブのような、細長くて極めて破損しやすい形の製品を正確に形造るには、成型後に取り除く必要があるメヤニの発生を防止し、金型からも軽い力で分離可能な高性能の離型剤が必要です。このような要請に応えることができる離型剤と言えば、フッ素コーティング剤を成分とするフッ素系離型剤が一番でしょう。成型の過程のメヤニを防止して、成形物を軽い力だけで金型から綺麗に剥がせることは、フッ素系離型剤のメリットとして、非常によく知られています。更に、フッ素系離型は薄い塗膜でも高い離型効果があるため、極細のゴムチューブの成型にも使える点は、重要なメリットと言えるでしょう。

引火性がない安全な離型剤が現場作業の効率向上にも役立つ

プラスチック製品などを金型を使って大量生産するためには、離型効果が高く、メヤニを防止するなど、成形物に出来るだけ余計な手をかけずに済む離型剤を使うのが効率的です。離型効果が低いと、金型から成形物を取り出す際にトラブル続出で生産効率が落ちます。また、金型からの分離の際成形物に付着する、或いは、成型プロセスでメヤニが出てしまうような離型剤だと、取り出した成形物を洗う等の追加作業が必要になり、これも生産効率を下げる要因になります。フッ素コーティングの原理を生かしたフッ素系離型剤であれば、メヤニを防止する離型効果も抜群なので、生産効率の観点からはベストな離型剤と言えるでしょう。
加えて、フッ素系離型剤は、他にも生産効率向上に寄与する特徴があります。それは、不燃性溶剤を用いた引火性のない製品が利用可能なことです。ことに、プラスチック製品等を常時大量に生産している現場では、現場で塗布できる離型剤も大量に備蓄しておく必要があります。それが引火性液体だとしたら、現場スタッフが感じる危険性や不安はいかほどでしょうか。更に、一定量以上の引火性液体を扱う現場は、関連法規に則ってそれなりの施設設備を整える必要があり、それには費用もかかります。
引火防止をかねてフッ素系離型剤を使えば、そのような出費を避け、現場スタッフが安心して作業に集中できるようにして、効率向上につなげられるでしょう。

総合的にみてワックス系より扱いやすいフッ素系離型剤がおすすめ

現場で使いやすい離型剤とはどのようなものでしょうか。離型効果が高いことは当然の要件として、現場作業のやりやすさという観点からは、他の要素も重要になってきます。例えばメヤニの防止効果です。主成分がフッ素コーティング剤のフッ素系離型剤の場合、メヤニが防止できる、現場で使いやすいスプレータイプの製品があるなど、高い離型効果の他に、現場の作業をやりやすくする様々な特長を備えています。離型剤選択の際には、このようにして、離型効果の高さだけではなく、製品としてのユーザビリティを総合的に考える必要があるでしょう。
フッ素系離型剤の他によく知られた離型剤としてワックス系のものがあります。会社によっては、ずっとワックス系一筋というところもあるかもしれませんが、製造する製品の形状や作業場の状況次第では、フッ素系離型剤の導入について検討してみる方がいいでしょう。フッ素系離型剤は、そもそもメヤニを防止できるので、一度成形したものに余分な手間をかけずに済む分、作業効率がいい離型剤です。更に、ワックス系離型剤のように、金型に塗布した離型剤が成形物に移らないという特徴もあるのです。ワックス系離型剤を使っていると、成形物から離型剤を洗い流す作業をせざるをえませんが、これをなくして作業スピードを向上させたいなら、フッ素系離型剤に切り替えるのがおすすめです。


現場で使いやすいフッ素系離型剤も扱っています!メヤニの発生を防止する【フロロテクノロジー】の離型剤なら刷毛やスプレーで簡単に塗布できるので作業効率も上がりますよ!

article

information